profile プロフィール


陶芸作家。「食べる」という根源的なものと結びついたアートである、器をつくる仕事を天職と信じています。氾濫するナチュラルライフ嗜好の人だけに向けられた「日常の器」やお高い「用の美」、古典的「現代陶芸」にイライラしたりしながら、個々人の日常のエッセンスと作品をいかに繋げるかということを考えるようになった陶芸家。蹴ロクロ使い。


 2003年 大阪芸術大学美術学科を卒業
幼い頃から絵が得意で、そのまま調子に乗って美大へ。大学時代は自画像をテーマに油彩制作、美術館に通う中で鎌倉時代の大壺に衝撃を受ける。

2004年 関西某美術専門学校陶芸科を水が合わず一年で中退。陶芸教室やサークルをはしごし、以後独学。

2005年 大阪府泉佐野市の実家に築窯
大阪市内のアートフェアやギャラリー主催のグループ展に出品するもアートにとっても興味があるお客さんしか来ず疑問を感じる。

2008年より 街中個展「佐ノ川谷藍子 器展」をはじめる

町おこしのボランティアに参加したのがきっかけで、以後毎月1~2回のペースで地元・泉州(南大阪)の町中にぽっかり空いたスペースをみつけては 1〜3日間の個展を自主企画。
「覚兵家米蔵 佐ノ川谷藍子器展」(泉佐野市)。「つばさ通り商店街 佐ノ川谷藍子 陶芸ワークショップ」(2009年・泉佐野市)。岸和田駅前商店街「佐ノ川谷藍子 蹴ロクロと器展」(2010)。「土生神社鎮守の森 佐ノ川谷藍子器展」(2011年~ほぼ毎年・岸和田市)。「自然食レストラン暮らし屋 佐ノ川谷藍子器展」(2008年~・富田林市)。「カフェflourbee 佐ノ川谷藍子器展」(2011~毎年2回・泉佐野市)。「イタリアンレストランnuno 佐ノ川谷藍子器展」(2008年~・泉南市)、モデルハウス「カメヤグローバルカトランプラス展示場 佐ノ川谷藍子器展」(2012・岸和田市)、「妙厳寺 佐ノ川谷藍子器展」(2012~・泉佐野市)、「蔵元 元朝 おちょこと器展」(2013・岸和田市)。「休日書店青々堂 佐ノ川谷藍子器展」(2013~・富田林市じないまち)等、他多数。
「佐ノ川谷藍子 骨壷展」(2009・府立弥生文化博物館)では、「骨壺をつくろう!陶芸教室」も同時開催。

2012年より 「佐ノ川谷藍子 ブログ器展」をはじめる
http://ameblo.jp/koubou-chisetu/theme-10066240537.html

今や日常空間となったWeb上にぽっかり空いた空間に注目。ameba blogやGoogle map、ハンドメイドマーケットiichiを使い、自分の日常生活や展示活動とリンクしたインターネット上の個展を企画。


2013年より 空き家になった祖父母の家に工房と住居移転(大阪府阪南市箱の浦)
近所のカフェやレストランで年3〜4回の個展、地元の朝市や南大阪の手作り市で器を売りながら、対岸に淡路島が見える海の丘で製作中。ブログ器展の更新を続ける。



○Aiko Rokuro

A ceramic artist in Osaka,Japan.She has exhibitions at Japanese old warehouse,empty shop in local town shopping street,or a space opened to daily side world in south Osaka.The bowl exhibitions are sometimes held cafe and restaurant,delicious foods are good compatibility with earthen pottery of my work.


1980  Born in izumisano Osaka in west Japan.

2003  Graduated from Osaka University of Arts [Conceptual art department].Start to pottery.

2004  Drop out by myself from Osaka College of Art[Pottery department].Study from the pottery lessons studio and the pottery club.Choose self-education since then.

2005 Make my kiln in Izumisano Osaka.Join pottery fairs and group exhibitions.

2008 【Kakuhyouke-komegura[the old rice granary] Bowl Exhibition】self-produced.Start to exhibit at empty places in local town.

2009 【Aiko Rokuro pottery work shop in TUBASA shopping street】【Kotutubo (cinerary urn)Exhibition in Museum of Yayoi Calture(Entrance hall)】etc...

2010 【Kimono and Cafe INABAYA(old warehouse)  Aiko Rokuro Bowl Exhibition】【Aiko Rokuro Kick wheel and Bowl Exhibitionin the front of Kishiwada station Shopping street】etc...

2011 【The grove of a village HABU shrine Aiko Wheel Bowl Exhibition】【KISHUU Highway Aiko Rokuro Bowl Exhibition】【The Music Bowl in cafe NODATE [Aiko Wheel & Kazuhiro Matutani] 】etc...

2012 【KAMEYA GLOBAL Aiko Rokuro BOWL&KICK WHEEL Exhibition[A model house of a constraction company]】【flour bee* cafe Aiko Rokuro bowl Exhibition
[Vanilla Maccha lait × Aiko Rokuro's bowl]】etc...