GLAZE 釉薬について


美濃焼で昔から使われるベーシックな釉薬と新鮮な色の釉薬を組み合わせて使っています。

一つのお皿に3種類~4種類の釉薬を柄杓でさまざまな方向からかけたり、数滴づつ垂らしたり、分厚くあるよう数度上掛けしたりしています。

それまでに絵付けした、カオリンの白や絵付けのコバルトの上に何重かにガラスの膜のもとがかかります。


窯に詰め、約23時間焼成。窯の中は1250度まで達します。釉薬はトロリと溶けて、窯の場所や焼き加減によっては釉薬のちじれや色の変化などが現れます。







「藁灰釉」。焼く前は真っ黒なのですが、焼くとと藁が稲穂を実らすために体に溜めた珪石分が白くトロリと溶けて、口当たりの良い柔らかい質感が生まれます。

窯の焼き加減によっては縮れ文様ができることもあり豊かな景色が生まれます。


石から作った「長石釉」。長石を粉状にしたものに少し植物の灰を混ぜたものです。石から出来たせいか一見堅い雰囲気なのですが、釉薬の表面の細やかな貫入に水分を含むので、お茶をいれたり暖かいものを乗せるとアスファルトの地面に雨がさっと降ったような艶やかな風情が生まれます。






赤土にこの釉薬を掛けて焼き上げると赤みが増し、お湯を入れると人肌のようなじわっとした温かみが手に伝わります。






カラフルなピンクやきみどり、黄色や青などのガラスの鮮やかな釉薬は、美濃土ととても相性の良い釉薬です。美濃の「白土」はベージュがかっているので鮮やかな透明なガラス質を掛けても、その素地の色を通し、ピンクはサーモンがかった色合いに、ビビットな黄色もやわらかなトーンに変化します。


I use combination of some basic glazes in Mino region[Gifu prefecture] and flash color one for the bisque-fired potteries.

A plate is put and dip with a kind of three or four simple glazes on drown kaolinite white and cobalt blue.

I fill those in kiln,and fire about 23 hours.This temperature reach to 1250℃. The glazes be melt and make same changes on the bowls.



『Straw-ash glaze』 It's color is brack before fire,but be white in kiln,because a silica rock element in the straw will change the thick white.It makes good feel of material on our rips.

『Feldspar glaze』Smashed feldspar glaze mixed with a small amount of plant-ash.It will be looks like a hard atmosphere,but make the good view on the bowls,because the glaze make small crack on surface after fire that hold water when into the tea or hot food.It looks like rain on the asphalt ground.  

『Momozome-Pink,Oribe-green,Kouchi-blue, colorful grazes』
Thoth glass glazes are colorful and very friendly with Mino-clay.because they are changed soft tone colors by Mino-clay's  little beige color after fire.